キャッシング・カードローン用語集 た行

Home » 用語集 » キャッシング・カードローン用語集 た行
    用語集
キャッシング・カードローン用語集 た行

キャッシング・カードローン用語集 た行

キャッシングに関するよく使われる用語や、理解しておくと何かと役に立つ用語をまとめました。

このページでは、「キャッシング・カードローン用語集 た行」を掲載しています。


LbVOEJ[h[̓AR

キャッシング・カードローン用語集 目次


多重債務

多重債務とは、銀行や消費者金融、クレジットカード会社などの複数の金融機関・貸金業者からお金を借りている状態のことを言います。

多重債務に陥る原因としては、リストラや失業等による収入減や、ギャンブル、浪費、生活苦などがきっかけとなり、返済が困難になってしまうというケースが挙げられます。

すでにある借金を返済することを目的として、別の業者からさらに借り入れを行うと、借金が増え続けることになるため、返済が困難になるケースが多いようです。


カードローンを利用する場合は、計画的な借り入れを心がけることで、多重債務に陥らないように注意する必要があります。


多目的ローン

多目的ローンとは、銀行・信用金庫・信用組合・消費者金融会社などが取り扱う、資金使途が自由なローンのことを言います。キャッシング・カードローンは多目的ローンに分類されます。

また、よく似たローンに「フリーローン」があります。


担保

担保とは、債務者が債務を履行しない場合を想定して、あらかじめ債権者に提供する、債権の弁済を確保する手段となるもののことを言います。

担保には、物的担保と人的担保とがあります。


  • 物的担保 … 抵当権や質権など特定の財産を担保とする
  • 人的担保 … 債務者以外の第三者の一般財産を担保とする

また、金融機関が取得する担保の種類としては、預金担保や受取手形担保、有価証券担保、債権担保、動産担保、不動産担保などがあります。


カードローンは、担保・保証人不要でお金を借りることが出来ます。


単利

単利とは、当初の元金(元本)に対してのみ、利息が計算される方式のことを言います。

関連用語:「複利


遅延損害金

遅延損害金とは、弁済期日までにお金を支払わなかった場合、債権者に対して損害賠償として支払わなければならない金額のことを言います。遅延賠償または遅延利息などと呼ばれる場合があります。

遅延損害金の利率は、最大で利息制限法の年14.6%の割合まで請求することが出来ます。

具体的には、10万円未満の場合は29.2%、10万円以上100万円未満の場合は26.28%、100万円以上の場合は21.9%まで認められています。


しかし、実際の遅延損害金は、利息制限法の上限金利である年20.0%程度の場合が一般的です。


つなぎ融資

つなぎ融資とは、主に住宅ローンで利用されるもので、債務者の資金繰りのために一時的に実行される融資のことを言います。「ブリッジローン」とも呼ばれます。

本融資を受けるまでの期間と実際に資金が必要なタイミングで、時間的なズレが生じた際に利用されます。

低金利の大口カードローンを利用してつなぎ融資を受けることも可能です。


ただし、基本的につなぎ融資の提供を行う金融機関は、自社の住宅ローンを利用することを条件としているケースが多いようです。

そのため、他社住宅ローンへのつなぎ融資には利用できないと思っておいた方がよいでしょう。



テレフォンキャッシング

テレフォンキャッシングとは、電話窓口・音声ガイダンスを利用してキャッシングを申し込み、指定口座に融資金を振り込んでもらえるサービスです。

一般的には、申し込み後にFAXやメール、郵便などで本人確認書類等を提出することになります。

また、カードローンの申し込み時に、オペレーター対応や自動音声対応で借入手続きを行うことをテレフォンキャッシングと呼ぶ場合もあります。


登録番号

登録番号とは、消費者金融などが貸金業を営む場合に交付される番号のことです。正式名称は、貸金業登録番号と言います。

消費者金融などの貸金業を営む場合は、財務局長、もしくは都道府県知事への登録が義務付けられています。(貸金業法の第3条第1項)


  • 2つ以上の都道府県に営業所などを設置する場合 … 財務局長
  • 1つの都道府県のみで営業する場合 … 都道府県知事

登録が認可された場合は、「関東財務局長(5)第00XXX号」といった登録番号が通知されます。

カッコ内の数字は3年ごとに行われる更新の回数を表しています。この数字が大きいほど営業年数が長いことを意味します。


登録番号がない業者は違法業者(いわゆるヤミ金)であるため、貸金業者を選ぶ際は必ず登録番号を確認するようにして下さい。

貸金業登録番号は、金融庁の登録貸金業者情報検索サービス を利用して確認することが出来ます。



キャッシング・カードローン用語集 目次



cashing-wiki.info