キャッシング・カードローン用語集 ま行

Home » 用語集 » キャッシング・カードローン用語集 ま行
    用語集
キャッシング・カードローン用語集 ま行

キャッシング・カードローン用語集 ま行

キャッシングに関するよく使われる用語や、理解しておくと何かと役に立つ用語をまとめました。

このページでは、「キャッシング・カードローン用語集 ま行」を掲載しています。


LbVOEJ[h[̓AR

キャッシング・カードローン用語集 目次


マンスリークリア

マンスリークリアとは、クレジットカードの決済方式の一つで、商品などの購入代金を翌月または翌々月に一括支払いする方式をいいます。「一回払い」と同義語。


みなし弁済

みなし弁済とは、金銭消費貸借において利息制限法の法定利率を超える利息(上限29.2%)を支払った場合でも、一定の要件を満たした場合は有効な利息の弁済とみなすと定めた制度のことを言います。

かつての旧貸金業規制法43条(現貸金業法)には、「みなし弁済」という規定が明記されていました。

一定の要件とは、「貸金業登録されている貸金業者であること」「借主が自分の意志で任意に支払ったこと」「貸金業法17条・18条所定の記載要件を満たしている書面が契約者に交付されていること」「貸金業者が利息を受領したとき法定の書面(領収書)を交付したこと」とされています。


この「みなし弁済」という規定があったため、「グレーゾーン金利」と呼ばれる、利息制限法と出資法で定められた上限金利の差分が存在していました。


みなし利息

みなし利息とは、利息以外の名目で徴収する諸経費や手数料のことを言います。

利息制限法では、金銭消費貸借において「債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料その他いかなる名義をもってするかを問わず、利息とみなす。」と規定しています。

つまり、債権者の受ける元金以外の金銭は、すべて利息とみなしています。


そのため、みなし利息分を含め、法定利息の範囲内に入っていない場合は、利息制限法に違反するため違法となります。


ミニマムペイメント

ミニマムペイメントとは、リボルビング払いにおいて、毎月支払う「最低支払金額」のことを言います。

ミニマムペイメントを1万円に設定している場合は、返済日には最低でも1万円は返済する必要があります。


ミニマムペイメントの扱いは、会社によって異なります。

契約締結時の利用限度額の範囲内で、ミニマムペイメントを契約者自身が任意で設定するものや、借り入れ元本の変動でミニマムペイメントが変わるケースもあります。


最低支払金額以外の支払いが後回しになるため、トータルで支払う利息は増えることになりますが、月々決まった金額を支払えばいいので月々の負担は軽くなります。


また、利用残高の一部または全額を繰上返済すれば、利息負担を軽減することが出来ます。


無人契約機

無人契約機とは、消費者金融・クレジットカード会社の支店や無人店舗に設置されている大型端末(タッチパネル式の契約システム)です。自動契約機とも言われます。

身分証明書の提示と情報入力などをすることで審査が行われ、その場で金銭賃借の契約手続やローン専用カード、クレジットカードの発行を可能とします。

アコムやアイフル、プロミス、モビット、レイクなど大手消費者金融会社のほとんどが、この無人契約機を導入しています。


無利息期間

無利息期間とは、カードローン会社が定めた期間内であれば利息が発生しないというサービスです。

無利息期間内に完済すれば、利息がかかることはありません。


そのため、すぐに返済する見込みがあるけれど、手元にお金がないという場合など、短期間での借入れを考えている人におすすめのサービスです。

カードローンを提供する、多くの消費者金融会社が「初回利用者に限り30日間無利息」などの無利息期間を設けています。


無担保ローン

無担保ローンとは、その名の通り担保なしで借りることが出来るローンのことを言います。

無担保ローンには、フリーローンであるカードローンの他に、自動車ローン、教育(学資)ローンなどの目的別ローンも該当します。


住宅ローンの場合は、融資を受ける際に「担保」と「抵当権」が必要になる場合が多いため、かつては無担保ローンの対象外でした。しかし、最近では、銀行などを中心に無担保住宅ローンが増えています。


また、無担保ローンは、担保を提供する必要がないため、有担保ローンに比べて高めの金利が設定されています。



名義貸し

名義貸しとは、自分の氏名や商号を第三者に貸して、自分名義で契約させることを言います。

銀行や消費者金融のカードローンを利用する際に、何らかの理由で本人の名義が使えない場合に、第三者の名義を借りて契約を行うケースがあります。


契約先に知らせずに別人の名義で契約する「名義貸し」は、特殊詐欺の一つであり違法行為です。

名義貸しを行うことで、自分自身が犯罪者になるため、絶対に行わないようにして下さい。


目的別ローン

目的別ローンとは、資金使途が限定された個人向けローンのことを言います。資金使途が自由な「フリーローン」の対義語です。

目的別ローンには、住宅ローンやリフォームローン、アパートローン、教育ローン、自動車ローン、トラベルローン、ブライダルローン、介護ローンなどがあります。


目的別ローンは、フリーローンより審査が厳格で、融資までに時間がかかりますが、金利は多目的ローン多目的ローンフリーローンよりも低めに設定されています。



キャッシング・カードローン用語集 目次



cashing-wiki.info