キャッシング・カードローン用語集 か行

Home » 用語集 » キャッシング・カードローン用語集 か行
    用語集
キャッシング・カードローン用語集 か行

キャッシング・カードローン用語集 か行

キャッシングに関するよく使われる用語や、理解しておくと何かと役に立つ用語をまとめました。

このページでは、「キャッシング・カードローン用語集 か行」を掲載しています。


LbVOEJ[h[̓AR

キャッシング・カードローン用語集 目次


カードローン

カードローンとは、無担保・無保証人、使途不問で借り入れ可能な銀行・消費者金融の金融商品のことを言います。

ローン専用のカードを利用してATMやCD(キャッシュディスペンサー)から借りることが出来ることから、この名称で呼ばれています。

業者によっては、ローン専用カードだけでなく、クレジットカードやキャッシュカードを使って融資を受けることが可能です。


貸金業者

貸金業者とは、貸金業法により、内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けて貸金業を営む者のことを言います。

貸金業は、金融の形態の一つであり、小規模の事業者または個人消費者を対象に金銭を貸し付ける事業を指します。

具体的には、消費者金融会社やクレジットカード会社、信販会社などのノンバンクのことを指します。


一般的には、銀行や協同組織金融機関、保険会社、証券金融会社、短資業者などは、貸金業には該当しません。


貸金業法

貸金業法とは、利用者が安心して借入できるように、貸金業者からの借入れについて定めた法律のことを言います。

貸金業を行う場合は、内閣総理大臣または都道府県知事への貸金業登録が必要となります。


平成22年6月に、多重債務問題の解決と安心して利用できる貸金市場を目指し、「貸金業者の業務適正化」「過剰貸付の抑制」「金利の適正化」「ヤミ金対策強化」などを盛り込んだ改正貸金業法が完全施行されました。


貸主

貸主とは、金銭や物品などを貸した当人のことを言います。債権者、貸し手とも呼ばれます。

金銭消費貸借契約においては、銀行や消費者金融などを指します。


借入限度額

借入限度額とは、借入時における契約上の上限金額のことを言います。貸付限度額、利用限度額とも言われます。

無担保で借り入れできるカードローンの場合は、利用者の年齢や職業などの条件によって借入限度額が決定されます。


そのため、学生などの若年層やフリーターや派遣社員などの非正規雇用者は低くめに設定される傾向があります。

一方、定期収入の他にボーナスなどの賞与がある会社員などは高めに設定される傾向があります。


また、借入限度額は、返済実績によって信用が付与されるため、正しく返済していくことで上限が引き上げられる場合もあります。


借主

借主とは、金や物を借りる側の人のことを言います。債務者、借り手とも呼ばれます。


元金

元金とは、金銭貸借や預金などで、その利子を含まない、直接貸借したお金や預金したお金のことを言います。


元金定額リボルビング返済方式

元金定額リボルビング方式とは、定額リボルビング方式の一つで、予め指定した一定額の元金にプラスして、その都度発生した利息を支払う返済方式のことを言います。


元利定額リボルビング返済方式

元利定額リボルビング返済方式とは、予め指定した一定額を毎月支払い、その中から利息を差し引いた金額を元金に充当させていく返済方法のことを言います。


完済

完済とは、借金(債務)を全て返すこと。残らず返済することを言います。

また、皆済(かいさい)と呼ばれることもあります。


元本

元本とは、金融取引全般で使われ、資産運用の元手やローンの借入額などのことをいいます。


金融機関

金融機関とは、金融取引に関する業務を営む組織のことを言います。

資金の需要者と供給者との間に立ち、両者の取引を円滑に媒介することを目的とした機関です。

金融機関が資金需要を媒介する形態には貸借、仲立、信託、保険、証券金融などがあります。


日本においては、中央銀行(日本銀行)、公的金融機関(公共的な目標達成を目的とした機関)、民間金融機関の三つに大別されます。


民間金融機関には、預金を取り扱う機関、預金を取り扱わない機関の二つに分けられます。

預金を取り扱う機関としては、普通銀行、長期金融機関(信託銀行)、中小企業金融専門機関(信用金庫、信用組合、労働金庫、商工中金)、農林漁業金融機関があります。

預金を取り扱わない機関としては、生命保険会社、損害保険会社、ノンバンク、証券会社、短資会社などがあります。


キャッシング

キャッシングとは、金融機関が個人に対して行う、現金自動支払機(CD、ATM)による小口金融のことを言います。

カードを使用してお金を借りることから、カードローンと同じ意味で用いられます。


極度型ローン

極度型ローンとは、利用限度額の範囲内で繰り返し利用することが出来る形態のローンのことを言います。

利用限度額は、利用実績などで定期的に見直され、増額されます。

カードローン、ネットキャッシングは、極度型ローンに該当します。


金銭消費貸借契約証書

金銭消費貸借契約証書とは、銀行や消費者金融会社などの貸主から融資を受ける際に交わす、借入契約書のことを言います。

消費者金融や銀行が提供するカードローン等でお金を借りる場合は、金銭消費貸借契約という契約を交わし、金銭消費貸借契約書を作成をする必要があります。


金利

金利とは、貸借した金銭などに一定率で支払われる対価のことを言います。

また、預金に対する利子のことを指します。

利息、利子と同じ意味合いで使用される言葉です。


繰上返済

繰上返済とは、返済期間の途中で、全額または元金の一部を繰り上げて返済することを言います。

住宅ローンとは異なり、銀行カードローンの場合は、基本的に繰り上げ返済手数料がかかることはありません。

そのため、金銭的に余裕がある場合に繰り上げ返済を利用すれば、現金返済に充当されるため、それだけ将来の利息が減少することになります。




口座引落日

口座引落日とは、毎月、返済用口座から、返済金を引落す日のことを指します。「口座振替日」と同義語。


個人ローン

個人ローンとは、その名の通り個人の顧客を対象としたローンのことをいいます。また、「パーソナルローン」とも呼ばれます。

カードローンは、個人向け小口融資であるため、個人ローンに該当します。

個人ローンには、銀行や消費者金融などが提供する住宅ローンや教育ローン、マイカーローン、フリーローン等があります。



キャッシング・カードローン用語集 目次



cashing-wiki.info