キャッシング・カードローン用語集 は行

Home » 用語集 » キャッシング・カードローン用語集 は行
    用語集
キャッシング・カードローン用語集 は行

キャッシング・カードローン用語集 は行

キャッシングに関するよく使われる用語や、理解しておくと何かと役に立つ用語をまとめました。

このページでは、「キャッシング・カードローン用語集 は行」を掲載しています。


LbVOEJ[h[̓AR

キャッシング・カードローン用語集 目次


配偶者貸付

配偶者貸付とは、総量規制の例外として、夫婦の年収を合算してその3分の1まで融資が可能な制度のことを言います。

片方の配偶者が年収がゼロの場合でもキャッシングが可能なため、専業主婦の借り入れでよく利用されます。


2010年6月に完全施行された改正貸金業法の総量規制により、年収の3分の1を超えた貸付を原則として禁止しています。

この配偶者貸付により、本規制によって収入のない、もしくは少ない専業主婦(主夫)等の借入を可能にしています。


ビジネスローン

ビジネスローンとは、法人や事業者のニーズに特化した専門的なローンであり、事業運営上必要な資金を融資することを目的として提供されています。

銀行やクレジットカード会社などが用途を事業用資金に限定して行う貸付です。


複利

複利とは、複利法によって計算された利子のことを言います。

一定期間毎に利息を元金に組み入れ、さらにその元金に対して利息が計算されます。


単利と比べた場合、複利は利息が利息を生むため、最終的な利息総額は複利の方が多くなります。

そのため、長く運用すればするほど複利効果は大きくなります。


貸金業法および出資法では、複利計算で利息を取ることを規制しているため、カードローンの利息は複利ではなく、単利で計算されます。


関連用語:「単利


ブラックリスト

ブラックリストとは、俗に信用情報機関(CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター)に、事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報など)として登録されることを指します。

支払い遅延や任意整理、自己破産などの債務整理を行った事実が金融事故に該当します。

信用情報機関に事故情報として登録されると、一定期間に渡って新規の借り入れやクレジットカードの作成が難しくなります。


ただし、金融業界においてブラックリストというリスト自体は存在しません。

ブラックリストという言葉は、あくまでも、信用情報にキズが付くことを比喩的に表現したものです。


フリーローン

フリーローンとは、使用用途が限定されないローンのことです。

一方、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの、使用用途が限定されるローンのことを「目的別ローン」と呼びます。


資金使途が自由という点では、多目的ローンの一つであるカードローンも同じですが、両者には大きな違いが存在します。

フリーローンがカードローンと大きく違うのは、何度も借入をすることができないという点です。

フリーローンは、金融機関に申請した金額を一度だけ借り入れをすることが出来ます。そのため、追加でお金を借りる場合は、再度、審査を受けて通過する必要があります。


その他にも、フリーローンはカードローンに比べて金利が低いという特徴があります。


分割払い

分割払いとは、カードローンやクレジットカードを利用する際に、支払い回数を指定することで利用代金を分割して支払う方法です。

通常、支払回数は、2・3・5・6・10・12・15・18・20・24回の中から選ぶことができます。

支払回数が少ない場合は、分割払手数料は安くなります。


一般的には、分割払いの方が、リボルビング払い(リボ払い)に比べて金利は低く設定されています。



返済

返済とは、借りた金や品物を返すことを言います。「弁済」と同義語。

債務者が債務本来の趣旨に基づき、債権者に物の引渡、金銭または物を給付し、債権を消滅させることを指します。


返済日

返済日とは、ローンの契約時に定められた元利金を返済する日のことを指します。「約定返済日」と同義語。

カードローンやキャッシングなどにおいては、消費者金融会社によって返済期日までの所定期間が返済日になるところもあります。

返済日までに、指定口座に借入残高と利息の合計金額を超える金額を入金しておく必要があります。


弁済

弁済とは、債務を弁償することを言います。債務者または第三者が債務の内容である給付を実現して債権を消滅させること。「返済」と同義語。

特に法律用語として使用され、債務を履行して、債権を消滅させることを意味します。


法定金利

法定金利とは、金銭消費貸借契約における、法律で定める利息の上限のことを言います。「上限金利」と同義語。

法定利率は、利息制限法・貸金業法等の法律で定めている上限金利のことを指します。

具体的には、借入金額が10万円未満の場合は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%を超えて利率を設定してはいけないと定められています。


利息発生の取り決めは、あらかじめ利率を決めておく必要があります。これを約定(やくじょう)利率と言います。

この約定がない場合に、適用される利率が法定利率です。


保証料

保証料とは、保証会社を付ける際に発生する手数料をいいます。「ローン保証料」と同義語。

個人がカードローンや住宅ローンなどを借りる際に、金融機関が保証人を取らない代わりに、金融機関系列の保証会社を付けることがあります。


保証とは、万一、契約者が返済が出来なかった場合に、保証会社が金融機関に返済を行うことを言います。


本人確認

本人確認とは、行政庁等に対して公文書の申請や公的機関等で手続きをする際や、犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)における特定事業者と取引をする際に、行政庁等や公的機関等、及び特定事業者が、相手方が本人であることが間違いないかどうか確認する行為のことを言います。

金融機関と取引をする際には、本人確認法という法律によって、金融機関は本人確認を行うことが義務付けられています。


通常、カードローンの申込み時には、本人確認書類が必要になります。


本人確認書類とは、公的な機関が発行した氏名、住所、生年月日が分かる書類です。

本人確認書類には、自動車運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどがあります。


法定利率

法定利率とは、法律によって定められている利率のことを言います。利率の約定(やくじょう)のない場合および法定利息に適用されます。

民法では年5%、商法では年6%と定められています。

2017年の法改正により、2020年をめどに法定利率は3%に統一され、3年ごとに変動する制度が導入される予定です。



キャッシング・カードローン用語集 目次



cashing-wiki.info