カードローン 即日融資の注意点

Home » 基礎知識 » カードローン 即日融資の注意点
    基礎知識
カードローン 即日融資 注意点

即日融資とは

即日融資即日借入)とは、その名の通り、その日の内にお金を借りることが出来るキャッシングサービスのことを言います。

審査から入金・借入れまでの時間が短いので、急いでいる方には非常に便利です。



申し込んだらその日の内にお金を手に入れることが出来るので、急な出費給料日までのつなぎ融資などでの利用に、心強いサービスとなっています。

もちろん、面倒な手続きが苦手な方や、振込までの時間の早さを重視している方にも最適です。


このように、便利さばかりが目立つ即日融資ですが、注意すべきポイントもいつくか存在します。

このページでは、即日融資に対応するカードローンを利用する場合に、注意すべき点について説明しています。


LbVOEJ[h[̓AR

即日融資 と即日審査の違い

即日融資即日審査は、一見、よく似た言葉であるため、同じ意味に捉えてしまうことがあるかもしれません。

しかし、両者は明確に区別して考える必要があります。


即日融資

即日融資とは、このページの最初の部分で触れている通り、申し込んだその日の内にお金を借りることが出来るサービスのことを言います。

カードローンには、消費者金融系と銀行系の2つがありますが、即日融資を行っているのは、消費者金融系カードローンに限られます。


通常、銀行系カードローンの振込みまでの時間は、2~3日程度を要します。銀行によっては、1週間以上かかるケースもあります。


ただし、消費者金融系カードローンの金利は、銀行系カードローンに比べて高い傾向にあります。

銀行系カードローンの金利は14%前後ですが、消費者金融系カードローンの金利は18%前後が一般的です。


消費者金融系カードローンの金利が高い理由は、スピーディーにその日の内に借入れが出来るという、利便性の高さによるものだと言えます。


即日審査

即日審査とは、申し込んだその日の内に全ての審査手続きが完了し、審査の可否が判明する一連の過程のことを言います。

ただし、即日審査には2つの意味があるため、注意が必要です。


WEBサイト上などで、「即日審査」と記載されている場合には、以下の2種類があります。


  •  審査における全ての手続きがその日の内に終わり、審査結果も提示される。
  •  その日の内に審査は行われるが、結果は後日に判明する。

前者は、即日審査と言った場合の一般的な内容です。

一方、後者は、審査手続きをその日の内に着手するだけで、その日の内に結果が出るわけではありません。

大手消費者金融カードローンは、前者のケースが多く、中小消費者金融カードローンは、後者のケースが多いようです。


消費者金融カードローンの審査時間は、最短30分の場合が一般的です。


ただし、即日審査は、審査時間が短いというだけで、審査に通りやすいなどの審査難易度に影響することは一切ありません。

つまり、審査結果をいち早く把握することが出来るということにつきます。




即日融資の注意点

即日で融資してもらえるカードローンは、あくまでも最短即日と考えるようにして下さい。

なぜ、最短という言葉が付くのかというと、必ずしも即時融資が可能であるとは限らないからです。


即日融資に対応しているカードローンを利用する際は、申し込む時間に注意しましょう。


  •  口座振込みを希望する場合は、14時までに申し込む必要がある。
  •  無人契約機で出金する場合は、20時までに申し込む必要がある。

口座振込みを希望する場合

指定の口座への振込みを希望する場合は、14:00までに申し込むようにして下さい。


また、貸金業者ごとに振込期限(タイムリミット)の差があることを覚えておきましょう。

振込みは、銀行が営業している時間内でなければ利用することが出来ません。

つまり、平日の15時までが対応時間ということになります。


消費者金融別での振込み時間の期限と提携銀行については、下表を参照下さい。


消費者金融名振込時間の期限提携している銀行
アコム14:30まで(平日)三菱UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行など
アイフル14:00まで(平日)三菱UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行など
モビット14:00まで(平日)三井住友銀行 ※1
三菱UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスなど
プロミス14:50まで(平日)三井住友銀行 ※1
ゆうちょ銀行
セブン銀行など
ノーローン13:00まで(平日)新生銀行カードローン レイクなど

※1 手数料無料


このように、多くの消費者金融の振込み期限が、14:00前後となっています。

また、カードローンを選ぶ場合は、既に口座を持っている銀行と提携している消費者金融を選ぶのがいいかもしれません。

なぜなら、提携している銀行口座を利用する場合は、手数料無料などの優遇やサービスがあるからです。


そして、業者ごとに違いがあるといっても、予め時間の余裕を持って申し込むことをおすすめします。

口座振込み希望で消費者金融カードローンを利用する場合は、14:00頃までには申し込むように心がけて下さい。

ただし、不測の事態があった場合には、間に合わないこともあるので、出来れば30分前には間に合うように行動する方が望ましいでしょう。


アコム
24時間お申し込み可能。最短30分で審査回答!
来店不要、即日融資もOK

キャッシング・カードローンなら業界最大手のアコムで決まり!

審査は最短30分。3項目の入力で3秒診断!

いつでも返せて、利息は利用日数分だけ!

ネットやATMから24時間借入、返済可能!

詳細情報
実質年率3.0% ~ 18.0%
借入限度額最大800万円
無利息期間契約日の翌日から30日間
申込資格年齢20~69歳で、安定した収入のある方
審査時間の目安最短30分
即日融資可能
保証人不要
返済方式定率リボルビング方式


無人契約機で出金する場合

無人契約機を利用して出金する場合は、口座振込みを希望する場合よりも時間的に余裕があります。

通常、20:00までに申込みをすれば、その日の内に現金を手にすることが出来ます。


無人契約機での申込みは、勤務先に関する情報や、年収などの個人情報を正確に入力する必要があります。

また、他社から借入がある場合は、その借入残高についても正確に申告しなければいけません。


その他にも、本人確認書類などの必要書類等を提示する必要があります。



無人契約機であれば、営業時間が長いだけでなく、土日祝日でも融資可能なケースが多いようです。

また、審査に通った場合は、その場でカードを発行してもらえるので便利です。


消費者金融カードローン別 審査時間・即日対応表

大手消費者金融カードローンの審査時間や即日融資の能否については、下表を確認して下さい。


カードローン審査時間即日融資
アコム最短30分可能
アイフル最短30分可能
モビット10秒簡易審査可能
プロミス最短30分可能

まとめ

即日対応のカードローンは、各業者が設定している振込期限までに申し込むようにしましょう。

ただし、時間ギリギリに手続きを行うと、振込期限(タイムリミット)を過ぎてしまうことがあります。

場合によっては、1時間程度を要する場合があるため、時間に余裕を持って利用することをおすすめします。


また、必ず当日に審査結果が出るわけではないということを理解しておきましょう。


記事
カードローン 即日融資の注意点
タイトル
カードローン 即日融資の注意点
説明
即日融資に対応するカードローンを利用する場合に、注意すべき点について説明しています。
執筆者
メディア
キャッシング・カードローンWiki
メディアロゴ

cashing-wiki.info