キャッシング・カードローン よくある質問

Home » 基礎知識 » キャッシング・カードローン よくある質問
    基礎知識
キャッシング・カードローン よくある質問

よくある質問(FAQページ)

このページでは、キャッシング・カードローンに関するよくある質問をまとめています。


LbVOEJ[h[̓AR

キャッシングとカードローンの違いについて

クレジットカードのキャッシング機能とカードローンの違いを教えてください。




金利や返済方法に違いがあります。

クレジットカードのキャッシング枠も、カードローンと同様にお金を借りることが出来るサービスです。

機能面だけを見ると大きな違いはありませんが、金利や返済方法などで若干の違いがあります。


クレジットカードのキャッシング枠の金利は、一般的に18.0%で一律固定されているケースが多いですが、カードローンの場合(特に銀行系カードローン)は、金利が低く設定されているケースが多いようです。

銀行系カードローンの金利は、一番低いもので14.0%程度です。


クレジットカードのキャッシング機能の返済方法は、翌月一括払いが一般的ですが、カードローンの返済方法は、毎月一定額を返済するリボルビング払いが一般的です。

また、まとまった資金が手元にある場合は、追加で繰上返済をすることも可能なので、余計な利息の支払いを避けるという選択も可能です。

このように、返済方法の自由度が高いため、利用者の資金状況に応じて柔軟に返済計画を立てることができます。


さらに、消費者金融カードローンの場合は、30日間無利息期間があるため、上手に活用すれば利息を大幅に抑えておトクに利用できます。



家族や職場にバレませんか?

借金をしたことが人に知られるのは嫌なので、申し込みを躊躇しています。

カードローンを申し込むことで、家族や職場の人間に知られることはないのでしょうか?




基本的には知られることはありません。

最近では、スマートフォンからいつでも気軽に申し込むことが出来ます。

そのため、申し込み画面を他者に見られるなどのイレギュラーなケースを除けば、申し込みを行った事実が第三者に知られることはありません。


勤務先への在籍確認時も、カード会社の名前で連絡があるわけではないので、バレるリスクは限りなく低いと言えます。


ただし、返済が長期間に渡って滞った場合は、自宅に電話や書類が来る場合があるため、注意する必要があります。


基本的に、毎月、正しく返済を続けていれば、バレることはまずありません。



延滞するとどうなりますか?

カードローンの返済が遅れた場合は何かペナルティがありますか?

また、返済が出来なくなった場合は取り立てなどがあるのでしょうか?




まずは督促の通知がハガキで届きます。

返済約定日に返済口座に入金がなく、残高不足で引き落としができない場合は、金融機関の保証会社・貸金業者から、入金を催促するハガキが届くことになります。業者によっては、電話での連絡がある場合もあります。


基本的に、大手の金融機関・貸金業者であれば、闇金のような厳しい取り立てや督促を行うことはありません。

取り立てについては、貸金業法21条第1項で厳しく規制されているため、嫌がらせ的な取り立てや暴力的な取り立てに遭う心配はありません。


延滞情報は信用情報機関に登録される

不払いにより延滞をした事実は、延滞情報として信用情報機関に登録されます。

ただし、1~3回程度で短期間の延滞であれば、大きな支障はありません。


問題になるのは、返済を3ヶ月以上滞納した場合です。

長期の延滞は、悪質であると判断され、金融事故情報として信用情報機関に登録(いわゆるブラックリスト)されます。

信用情報機関に事故情報として登録された場合は、登録日から5年間にわたって、新たに借り入れをすることが出来なくなります。また、ローンを組んだりクレジットカードを作ることも不可能となります。


遅延損害金について

カードローンの返済を延滞すると、返済日に遅れた日数分だけ迷惑料として遅延損害金が発生します。

遅延損害金利率は、銀行カードローン・消費者金融カードローン共に、法定金利である20%以下に設定されています。



審査とはどのような内容ですか?

カードローンの審査ではどのような内容がチェックされるのでしょうか?




審査項目は多岐にわたり、総合的に判断されます。

審査とは、年齢、年収、他社での借入状況などの情報を基に、申込者の返済能力をはかるために行われます。

審査時には、申込者の利用の可否を判断すると共に、融資に関する枠を供与することを意味する与信が行われます。


一般的には、申込者や親族の債務状況・勤務先の信用状況・勤務先への在籍確認などが主な審査内容となっています。


【公式サイト】はじめてのアコム


在籍確認は必ずあるのでしょうか?

在籍確認でカードローンを利用した事実が周囲にバレるのではないかと心配です。

銀行・消費者金融では必ず在籍確認を行うのでしょうか?




電話連絡なしで借入できるところもあります。

職場への在籍確認は、申込書類の内容が虚偽のものではないかチェックするために行われます。

貸金業法という法律により、貸金業者は「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」と定められています。そのため、会社名で電話してくる事は、基本的にありません。

在籍確認の連絡で、勤務先にカードローンの利用が明らかになるということはまずありません。




信用情報とはなんですか?

信用情報機関が扱う信用情報とは、どういったものなのでしょうか?




個人の信用取引や取引事実に関する情報です。

個人信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報や、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。

クレジットカードや個人の年収、住宅情報、勤務先、勤続年数、ローンなどの信用取引に関する契約内容の他に、返済・支払状況・利用残高といった取引に関する情報が記載されています。


個人信用情報は、収集、提供を行う『指定信用情報機関』という機関が管理をしています。

日本の『指定信用情報機関』には、貸金業者系の株式会社日本信用情報機構(JICC)、信販系の株式会社シー・アイ・シー(CIC)、銀行系の全国銀行個人信用情報センター(KSC)の三社があります。

上記の三社は、CRIN(クリン)という信用情報交流ネットワークを通じて、情報を共有しています。

共有される情報としては、延滞に関する情報および各信用情報機関に本人が申告した本人確認書類の紛失盗難に関する情報などがあります。


過去に長期間の延滞や、代位弁済、債務整理などを行った事実がある場合は、個人信用情報にその旨の履歴が残るため、新規の借り入れが難しくなります。



限度額を上げるにはどうすればいいのですか?

より高額な買い物をしたいので限度額の増額を検討しているのですが、どうすれば上がるのでしょうか?




一定期間の返済実績を作ることで限度額は上がります。

カードローンの借入限度額は、申し込み時の勤務先、雇用形態、年収、住居形態や居住年数、過去の借入状況などによって信用度を判断されます。

そのため、毎月滞ることなく返済を続け、利用実績を重ねることで借入限度額は徐々に上がっていきます。

複数の会社に申し込みをして借入先を増やすよりも、一社に限定して借入を続ける方が、限度額の増額が見込めます。


また、借入限度額を増額する審査へ申し込みをし、審査に通ることで限度額の増額が図れます。


消費者金融カードローンの場合は、総量規制の関係上、年収の3分の1を超える借り入れは出来ません。

そのため、既に借入限度額が総量規制の上限にかかっている場合は、年収を上げるしか方法はありません。


一方、銀行カードローンの場合は、総量規制の適用範囲外のため、総量規制を気にせず借入をすることが出来ます。



複数のカードローンを利用することは出来ますか?

現在、契約しているカードローン会社以外で、新たに契約しようと考えています。

複数のカードローンを利用することは出来るのでしょうか?




不可能ではありません。

複数社のカードローンを利用することは、不可能ではありません。

ただし、今までのカードローン利用で、一度も延滞をしていないことが条件となります。


しかし、借入先が増えれば増えるほど審査に通ることが難しくなります。

そのため、借入先を増やすのではなく、現在利用しているカードローン会社の借入限度額を増やす方が現実的です。


借入先が増えるということは、多重債務に陥るリスクとイコールです。

カードローンは、くれぐれも、ご自身の身の丈に合った利用に留めるようにしましょう。



記事
キャッシング・カードローン よくある質問
タイトル
キャッシング・カードローン よくある質問
説明
このページでは、キャッシング・カードローンに関する よくある質問 をまとめています。
執筆者
メディア
キャッシング・カードローンWiki
メディアロゴ

cashing-wiki.info