「キャッシング・カードローンWiki」へようこそ

当サイトは、キャッシングに関する正しい知識の発信と、キャッシング・カードローンの優良業者を厳選して紹介することを目的に運営しています。

「どこのカードローンを選べば良いかわからない!」「はじめてキャッシングを利用するんだけど、失敗しない業者選びを知りたい。」そんな方におすすめのサイトです。

キャッシングについて正しい理解を深めることで、消費者としてより良い利用と、賢い選択をしていきましょう。


キャッシングとは

キャッシング・カードローンWiki

キャッシングとは、お金を借りる行為そのものを指す言葉です。

基本的には、個人を対象とした無担保の小口融資のことであり、これを「個人向けキャッシング」と言います。

より具体的に言えば、クレジッドカードやキャッシュカードを利用して、提携先のATMやキャッシュディスペンサー(CD)などからお金を借り入れる行為と言えば分かりやすいかも知れません。


ちなみに、お金を借りるという意味で使われるキャッシング(cashing)は、和製英語です。

通常、英語でお金を借りる場合は、「borrow(無償)」「lend(有償)」を使用します。



キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとよく似た言葉に、カードローンというものがあります。

カードローンもキャッシングと同じく、銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金業者から無担保でお金を借りる行為を意味します。


結論から言ってしまえば、実際には両者に大きな違いはありません。

つまり、キャッシングもカードローンも同様に、金銭消費貸借契約においてお金を借りる行為に他なりません。


ただし、業者によっては、キャッシングとカードローンを明確に区別しているところもあります。


例えば、ある金融機関では、キャッシングは、クレジットカードでローンを利用するサービスと定義しています。

一方、カードローンは、ローン専用カードで借り入れをするサービスと定義しているようです。


この例で見ると、キャッシングとカードローンは、お金を借りるためのツール(カードの種類)でその違いを区別していると言えます。


しかし、別の業者では、ローン専用カードではなく、クレジットカードやキャッシュカードでカードローンの借り入れが出来るところもあるため、実際のところその定義は非常に曖昧です。


キャッシングカードローン
定義クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることローン専用カードでお金を借りること


ざっくりと、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借り入れる付帯サービスを「キャッシング」クレジットカードやキャッシュカード、ローン専用カードでお金を借りるサービスを「カードローン」と区別して考えると分かりやすいかもしれません。


とはいえ、基本的には「キャッシング」=「カードローン」という理解で問題ありません。


カードローンの種類

カードローンには、消費者金融系銀行系の2種類があります。

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンには違いがあります。

実際にカードローンを利用する際は、両者の違いをきちんと理解しておくことをおすすめします。


消費者金融系カードローンと銀行系カードローンのメリット・デメリットについては下表の通りです。


消費者金融系カードローン銀行系カードローン
メリット 審査は最短30分

最短1時間で融資可能 ※1

キャンペーンが充実(30日間無利息など)
信頼性が高い

消費者金融系に比べて金利は低め

借入限度額が大きい
デメリット 銀行系に比べて金利は高め

総量規制の対象
審査に時間がかかる

キャンペーンを設けていない場合が多い

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



以上が、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの大まかな違いです。


すぐにお金が必要な人は、消費者金融系カードローンがおすすめです。

一方、時間に余裕があり、金利手数料を低く抑えたいという人には銀行系カードローンが適しています。


では、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの実質年率や利用限度額、審査時間などの違いを業者別で見ていきましょう。


消費者金融系カードローン比較表

実質年率利用限度額審査時間
※1
遅延損害金
(実質年率)
※2
アコム3.0% ~ 18.0%最大800万円最短30分20.0%
アイフル4.5% ~ 18.0%最大500万円最短30分20.0%
プロミス4.5% ~ 17.8%最大500万円最短30分20.0%
モビット3.0% ~ 18.0%最大800万円10秒簡易審査20.0%
ノーローン4.9% ~ 18.0%最大300万円最短20分20.0%

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※2 賠償額の元本に対する割合


プロミス
プロミス
安心、早い、便利!
来店不要で即日融資可能!

平日14時までに契約完了で当日振込可能!

審査は最短30分。3項目の入力で3秒診断!

はじめての方は必見!メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で≪30日間無利息≫

詳細情報
実質年率4.5% ~ 17.8%
借入限度額最大500万円
無利息期間初回出金の翌日から30日間
申込資格年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方
審査時間の目安最短30分
即日融資可能
保証人不要
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式


銀行系カードローン比較表


実質年率利用限度額審査時間
※1
遅延損害金
(実質年率)
※2
オリックス銀行1.7% ~ 17.8%最大800万円最短即日借入残高に対して借入利率+2.1%
みずほ銀行4.0% ~ 14.0%最大800万円最短即日19.9%
三菱東京UFJ銀行 バンクイック1.8% ~ 14.6%最大500万円最短即日20.0%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%最大800万円最短30分19.94%
新生銀行レイク4.5% ~ 18.0%最大500万円最短30分20.0%

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※2 賠償額の元本に対する割合


カードローンを契約する前に

カードローンは、安定した収入さえあれば、誰でも利用することが可能です。

つまり、正社員の方だけでなく、パートやアルバイトなどの非正規の方でも利用することが出来ます。


急な出費やどうしても必要に迫られた際などには、非常に助かるサービスです。


ただし、カードローンを利用する前に注意すべきポイントがいくつかあります。


カードローン 返済計画

まず、カードローンを契約するにあたって、注意すべき点としては事前の返済計画を立てることです。

申し込みから借入れまで簡単に行えるカードローンですが、利用する際は、きちんと返済できるかどうか、借入れ額に応じた返済スケジュールを想定しておくようにしましょう。


そして、カードローンを選ぶ場合は、金利(実質年率)や返済方法を確認することも重要です。

もちろん、借入れ時の金利は低い方が望ましいと言えますが、返済方法によっても金利負担が変わってくるため、よく理解しておくことをおすすめします。


また、初回利用時に適用される30日間の無利息期間などのサービスを利用することで、お得にカードローンを利用することが出来ます。



そしてなにより大事なのは、返済期日を守り、延滞をしないように心がけることです。

返済が滞ると、信用情報にキズがついたり、遅延損害金が発生するなど、様々なデメリットが生じることになります。


カードローンなどの無担保ローンは、個人の信用に基づいて提供されるものであるため、信用度が下がることは様々な面で不利になることを念頭において下さい。


とは言え、きちんと借入れと返済を行っていれば、特に心配することはありません。


もちろん、借り過ぎ自転車操業になることはないように気をつけて利用して下さい。


キャッシング・カードローンは、どうしてもお金に困った時には、非常に頼りになる便利なサービスです。

約定返済というルールを守って正しく賢く利用することをおすすめします。